東京市場のドル/円は、日経平均株価の反落や米企業決算を見据えたポジション調整の動きも相まって、一時108.30円台まで弱含む展開でした。ただ、売り一巡後は108円台半ばでもみ合う展開となっています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

1/16(水)
17:40 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演 
18:15☆カーニーBOE総裁、議会証言 
18:30☆英12月消費者物価指数
18:30☆英12月小売物価指数 
18:30 英12月卸売物価指数
20:00☆トルコ中銀、政策金利発表 
20:00 南ア11月小売売上高
22:30 米12月輸入物価指数
24:00 米1月NAHB住宅市場指数
24:30 EIA週間原油在庫統計 
28:00 米地区連銀経済報告(ベージュブック) 
28:00☆英内閣不信任決議案の採決 

1/17(木)
09:00☆黒田日銀総裁、発言 
09:30  豪11月住宅ローン件数 

※☆は特に注目の材料

 米政府機関の一部閉鎖の影響で、本日発表が予定されていた米12月小売売上高は延期となりました。政府機関の閉鎖は昨日で25日めとなり、過去最長記録を更新中です。トランプ大統領と議会民主党の動きにも注目です。そうした中、今夜もポンドが主役の相場展開となりそうです。英国では12月消費者物価指数など一連のインフレ指標が発表される他、メイ内閣の不信任案に対する採決が行われます。ただ、不信任案は否決の見通しで、昨日のような波乱含みの動きにはならないかもしれません。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:108.000-109.000円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)