東京市場のドル/円は、日経平均株価の反落や米企業決算を見据えたポジション調整の動きも相まって、一時108.30円台まで弱含む展開でした。ただ、売り一巡後は108円台半ばでもみ合う展開となっています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 1/16(水) 17:40 ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演  18:15☆カーニーBOE総裁、議会証言  18:3・・・・

続きを読む