ヴィスコ・テクノロジーズ <6698> (東2)は画像検査処理装置のファブレスメーカーである。19年3月期減益予想だが上振れ余地があるだろう。株価は地合い悪も影響して上場来安値圏だが、17年12月高値から5分の1水準でほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。
 
■画像検査処理装置のファブレスメーカー
 
 画像検査処理装置のファブレスメーカーで、コネクタ検査用など電子部品業界向けを主力としている。中期経営計画では21年3月期の売上高50億50百万円、経常利益7億70百万円、純利益5億30百万円、ROE17.8%を目指している。
 
■19年3月期減益予想だが上振れ余地
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比4.3%増の34億50百万円、営業利益が22.6%減の3億60百万円、経常利益が21.0%減の3億30百万円、純利益が23.8%減の2億30百万円としている。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比9.7%増の17億73百万円、営業利益が7.9%増の2億72百万円、経常利益が8.9%増の2億51百万円、純利益が30.4%増の2億01百万円だった。国内では電子部品検査用途を中心に大型案件を獲得し、海外は中国や韓国向けを中心に伸長した。
 
 通期ベースでは、主力のコネクタ検査用が堅調に推移し、新規MEMS用途も立ち上がるが、18年3月期に大幅増加した電子部品用のスポット案件が一巡し、研究開発などの戦略的投資負担も影響して減益予想としている。ただし第2四半期累計の進捗率は売上高が51.4%、営業利益が75.8%と順調である。通期予想に上振れ余地があるだろう。
 
■株価は底値圏
 
 株価(18年4月1日で株式8分割、18年12月13日付でJASDAQから東証2部に市場変更)は、地合い悪も影響して12月25日に上場来安値1142円まで下押したが、その後は1300円近辺で推移して下げ渋る動きだ。17年12月の上場来高値5487円から5分の1水準でほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。1月15日の終値は1353円、今期予想連結PERは約35倍、時価総額は約82億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)