昭栄薬品 <3537> (JQ)は、オレオケミカルや界面活性剤などを主力とする専門商社である。19年3月期減益予想だが、配当は増配予想である。株価は地合い悪の影響で戻り高値圏から反落したが、12月の直近安値から切り返して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。
 
■界面活性剤を主力とする専門商社
 
 オレオケミカル(天然油脂由来の油脂化学品)や界面活性剤を主力とする専門商社である。セグメント区分は化学品事業、日用品事業、土木建設資材事業としている。
 
■19年3月期減益予想だが配当は増配
 
 19年3月期連結業績予想は、売上高が18年3月期比2.5%増の207億円、営業利益が5.3%減の3億16百万円、経常利益が3.3%減の4億36百万円、純利益が4.8%減の2億99百万円としている。
 
 第2四半期累計は売上高が前年同期比4.9%増収、営業利益が14.2%減益、経常利益が3.1%減益、純利益が6.6%減益だった。主力の化学品事業が堅調に推移して増収だったが、販管費の増加などで各利益は減益だった。ただし通期予想に対する進捗率は売上高49.9%、営業利益47.0%、経常利益53.8%、純利益53.0%と順調である。
 
 配当予想は年間18円(期末一括)としている。18年12月1日付の株式3分割を考慮して年間54円に換算すると、18年3月期の年間53円に対して1円増配となる。
 
■株価は調整一巡感
 
 株価(18年12月1日付で株式3分割)は地合い悪の影響で戻り高値圏から反落したが、12月25日の直近安値960円から切り返して調整一巡感を強めている。出直りを期待したい。1月11日の終値は1006円、今期予想連結PERは約12倍、時価総額は約36億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)