東京市場のドル/円は、米国の利上げ休止観測などを背景に小幅に弱含みました。ただ日本の3連休を控えて動意は乏しく、その後は108.20-30円台で方向感を欠くもみ合い商状となっています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 1/11(金) 17:20 メルシュECB専務理事、講演  18:30 英11月商品貿易収支/貿易収支 18:30☆英11月鉱工業生産指・・・・

続きを読む