ネットマーケティング <6175> (東2)は、インターネットが確実に21世紀を代表する産業となるという考えのもと2004年7月に設立。17年3月31日に東京証券取引所JASDAQに上場。広告事業とメディア事業を行っている。
 
 広告事業では、主にアフィリエイト広告に特化したエージェントとして、広告プロモーションの戦略立案から運用支援までを一貫して提供するアフィリエイトエージェント事業を主力のサービスとして提供している。また、運用型広告のプロフェッショナルとして効率的な広告配信を実行するトレーディングデスクサービスを提供し、アフィリエイトエージェントとトレーディングデスクサービスの2つの領域で、広告主の費用対効果の最大化を実現している。
 
メディア事業では、マッチングサービス事業として恋愛マッチングサービスの「Omiai」に加えて、デーティングサービス「QooN」を運営している。「Omiai」では、すてきな恋のきっかけを提供する、恋活に特化した恋愛マッチングサービスを展開している。「QooN」では、身分証明書の提出に基づいた厳格な年齢確認や、24時間 365日体制のメッセージ監視、不正ユーザーの強制退会処分など、「Omiai」の運営で培ってきた“安心・安全”に利用できるノウハウを全面的に投入した、友達から始める恋活を目的としたデーティングアプリとなっている。
 
 今19年6月期第2四半期業績予想は、売上高66億5200万円、営業損益1億6900万円の赤字、経常損益1億6900万円の赤字、最終損益1億7000万円の赤字を見込む。
 
 今19年6月期業績予想は、売上高144億6500万円(前期比29.6%増)、営業利益3億7300万円(同32.6%減)、経常利益3億7200万円(同34.6%減)、純利益2億5800万円(同35.0%減)を見込む。年間配当予想は、期末一括5円継続を予定している。
 
 株価は、昨年2月1日につけた上場来の高値2250円から同12月25日に昨年来の安値415円まで調整を挟んで本年9日高値497円と買われている。今19年6月期第1四半期業績は、売上高34億5500万円(前年同期比27.5%増)、営業利益2600万円(同85.8%減)、経常利益2700万円(同86.6%減)、純利益1600万円(同88.3%減)だったが、メディア事業、広告事業ともに大幅伸長、特に「Omiai」は、第1四半期累計期間の月平均新規会員数が10万人超で、18年9月にはサービス開始以降の累計会員数が351万人を突破とけん引している。今19年6月期は、中期経営計画に基づき集客プロモーション等の戦略投資を実施しているため、増収減益を見込むが、来20年6月期には増収増益に転じる見通し。2月9日前後に予定される第3四半期決算が計画通り順調に推移すれば、出直ることも期待できる。信用買残は103万4000株あり、9か月移動平均線が上値を抑えそうだが、大きく突っ込む場面があれば、リバウンド狙いで買い妙味がありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)