東京市場のドル/円は、昨日のNY市場で強まったドル売りの流れが継続。米連邦公開市場委員会(FOMC)のハト派姿勢に加え日本株の下落も重しとなり、一時107.80円台まで続落しました。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。 1/10(木) 16:45  仏11月鉱工業生産 21:30☆ECB理事会議事要旨(12月13日分) 22:30  カナダ11月新築住宅価・・・・

続きを読む