ドル円は複数の連銀総裁のハト派的な発言や、FOMC議事録でもハト派的な内容が明らかになったことでドル安が進む。ドル円は108円を割り込む場面もあり、108円台前半で取引を終える。ユーロドルは急進。ドル安が進んだことからユーロ買戻しが膨らみ、ストップロスの買いも巻き込み1.1560まで上昇。約3カ月ぶりのユーロ高を記録。カナダドルが下落。カナダ中銀は政策金利据え置きを決めたが、利上げの余地を残したことで1.1・・・・

続きを読む