昨日のドル/円は一時108円台を割り込んで下落。米連邦準備制度理事会(FRB)のメンバーからハト派発言が相次いだ上に米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録でも追加利上げに慎重な姿勢が示された事からドル売り優位の展開となった。

 本日はNYタイムにパウエルFRB議長の講演が予定されている。金融政策に関する発言があればハト派寄りの内容になる公算が大きく、ドル売りの追撃材料になる可能性もあろう。なお、パウエル議長は今月4日のインタビューで「必要に応じて迅速かつ柔軟に政策を調整する用意がある」と述べて利上げ休止に含みを持たせた。

 ドル/円については、年始の急落からの自律的な反発局面は109円前後で一旦終了したと見られる。今朝は108円台前半に小戻しているが、108円台半ば以上では上値が重くなりそうだ。一方で、米利上げ休止観測が主要国の株価や国際商品価格を押し上げており、市場心理が好転する中では下値追求の動きにもなりにくいだろう。日足一目均衡表の転換線が通る107円台後半はサポートされそうだ。
本日の予想レンジ:107.700-108.700円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)