2019年のテト(旧正月)まで1か月余りもあるが、ホーチミン市では非正規両替所の両替サービスが活況を呈している。両替手数料は場所によって差があり、一部では400%に吊り上げているところもある。

  非正規両替所として、ゴーバップ区グエンオアン通り(Nguyen Oanh)、10区のスーバンハイン通り(Su Van Hanh)や2月3日通り(3 Thang 2)などにある両替所が挙げられる。

  2000VND(約9.5円)または5000VND(約24円)の紙幣に両替する場合の手数料は10~12%だが、さらに小額の500VND(約2.4円)または1000VND(約4.8円)の紙幣に両替する場合は、出回っている数量が少ないこともあり手数料は100~400%に跳ね上がる。手数料が400%の場合、500VND札100枚(5万VND=約240円)の両替に20万VND(約950円)の手数料がかかることになる。

  グエン・スアン・フック首相はベトナム国家銀行(中央銀行)に対して、テトに向けて現金を十分に供給するほか、現金自動預け払い機(ATM)システムの安定した稼動を確保するよう要求した。(情報提供:VERAC)