リーガル不動産 <3497> (東マ)は、不動産開発・賃貸を主力とする独立系の総合不動産ディベロッパーである。19年7月期増収増益予想である。株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階だが、18年10月IPO時の高値から半値水準でほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。
 
■不動産開発・賃貸が主力の総合不動産ディベロッパー
 
 18年10月東証マザーズに新規上場した。不動産開発・賃貸を主力とする独立系の総合不動産ディベロッパーである。18年7月期の営業利益構成比は、不動産開発のソリューション事業54.5%、自社所有物件の不動産賃貸事業40.2%、その他(不動産コンサルティング事業、介護事業)5.3%だった。
 
 マンション、土地有効活用、中古バリューアップ、オフィスビル・ホテルなど物件ジャンルを問わず、顧客ニーズに適したバリューアップや物件開発を行い、資産価値を高めて売却することを強みとしている。18年7月期の不動産ソリューション事業の案件種類別売上高構成比は、中古バリューアップ53.6%、東京エリア中心に展開する富裕層向け賃貸マンションシリーズ「LEGALAND」32.8%、その他13.5%だった。
 
■19年7月期増収増益予想
 
 19年7月期の非連結業績予想は、売上高が18年7月期比31.0%増の252億53百万円、営業利益が11.5%増の21億03百万円、経常利益が9.6%増の9億43百万円、純利益が12.2%増の6億55百万円としている。不動産ソリューション事業が牽引して増収増益予想である。売上高の計画は不動産ソリューション事業が37.8%増の225億円、不動産賃貸事業が9.0%減の20億58百万円、その他が65.1%増の6億46百万円としている。
 
 第1四半期は売上高が80億円、営業利益が8億89百万円、経常利益が5億63百万円、純利益が3億31百万円だった。不動産ソリューション事業で販売が順調だった。通期ベースで好業績を期待したい。
 
■株価はほぼ底値圏
 
 株価は10月24日高値1991円から反落し、12月25日の950円まで下押した。IPO後の落ち着きどころを探る段階だが、高値から半値水準でほぼ底値圏だろう。反発を期待したい。1月7日の終値は1057円、今期予想PERは約4倍、時価総額は約30億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)