この年末年始で、株価と為替の急落局面はひとまず終わったとの認識です。まず株価について。先月は、もともとリスクシナリオとして日経平均が1万9千円に暴落するリスクがあることを予想しておりました。「10月の暴落の残り火的なものがまだあると仮定した場合、その最後のエネルギー(下げ圧力)が完全に放出されるシナリオが考えられるならば、一時的に2万円を割れて、1万9千円台に突入するシナリオも」(昨年12月10日号より)。 ・・・・

続きを読む