先週3日に発表された米12月ISM製造業景況指数は、54.1となり2年ぶりの低水準を記録。米中貿易戦争の悪影響が米国の製造業にも及び始めたとの見方が広がっている。ブルームバーグニュースによると「前月比で5.2ポイントという今回の下げ幅を上回ったのは、今世紀に入ってからは10年前の金融危機と2001年9月の対米同時テロ直後の2回しかなく、いずれもリセッション(景気後退)期にあった」との事だ。ISM製造業景況指・・・・

続きを読む