ジェネレーションパス <3195> (東マ)は、ネット通販サイト「リコメン堂」運営等のECマーケティング事業を主力としている。19年10月期はユニー・ファミリーマートホールディングス <8028> との業務提携も寄与して収益拡大が期待される。株価は急伸して上場来高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。
 
■ネット通販サイト「リコメン堂」運営等のECマーケティング事業が主力
 
 ECマーケティング事業(インテリア・家具・衣料品などのネット通販サイト「リコメン堂」を運営するEC事業、およびECコンサルティングのECサポート事業)を主力として、OEM商品の商品企画関連事業も展開している。楽天やヤフーなど特定のECプラットフォームに特化したアプローチを行う独自のマーケティング手法が特徴だ。
 
 17年12月にはメディア事業の第1弾としてイエコレクションを開始した。一方でアクトグループ事業は18年11月子会社株式を譲渡して連結除外した。
 
 18年7月ユニー・ファミリーマートホールディングスと業務提携、18年9月Webサイト制作のカンナートを子会社化した。19年10月期下期中にユニー・ファミマ会員向けECサイト共同運営を開始予定である。
 
■19年10月期も収益拡大期待
 
 18年10月期連結業績は、売上高が17年10月期比15.0%増の87億78百万円、営業利益が10.9倍の1億92百万円、経常利益が4.8倍の2億03百万円、純利益が1億35百万円(17年10月期は5百万円の赤字)だった。ECマーケティング事業が牽引して過去最高の売上高、営業利益を達成した。配送コスト増加の売上への転嫁や、ユニー・ファミリーマートホールディングス案件等のECサポート事業の売上増加も寄与した。
 
 なお19年10月期の連結業績予想については、ユニー・ファミリーマートホールディングスとの業務提携の影響の詳細が固まり次第公表するとしている。収益拡大が期待される。
 
■株価は上場来高値更新の展開
 
 株価は12月27日の1793円まで急伸した。16年6月1637円を突破して上場来高値更新の展開だ。自律調整を交えながら上値を試す展開を期待したい。12月28日の終値は1508円、時価総額は約125億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)