エラン <6099> は介護医療関連事業として「手ぶらで入院、手ぶらで退院」できる入院セットを展開している。18年12月期大幅増収増益予想である。利益は3回目の上振れの可能性がありそうだ。導入施設数・利用者数が増加基調であり、19年12月期も収益拡大基調だろう。株価は11月の戻り高値圏から反落し、地合い悪の影響で調整局面だったが、反発して上値を試す展開が期待される。
 
■入院セットを展開
 
 介護医療関連事業として「手ぶらで入院、手ぶらで退院」できる入院セット「CSセット」「LTセット」を展開している。導入施設(病院・介護老人保健施設等)数および利用者数は増加基調である。
 
 なお18年11月には、海外展開を視野に入れてインドの医療関連商品卸会社BIHS社へ出資、日本総険(香川県高松市)と業務提携してCSセットLC(ロスコントロール)入院保証を開発、18年12月には営業推進を目的としてポプラ <7601> と業務提携した。
 
■18年12月期大幅増収増益予想、19年12月期も収益拡大基調
 
 18年12月期の連結業績予想(11月9日に利益を2回目の上方修正)は、売上高が17年12月期比19.6%増の185億円、営業利益が36.9%増の12億50百万円、経常利益が35.3%増の12億50百万円、純利益が24.7%増の8億20百万円としている。生産性向上も寄与して大幅増収増益予想である。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高74.1%、営業利益80.6%である。通期利益予想は3回目の上振れの可能性がありそうだ。導入施設数・利用者数が増加基調であり、19年12月期も収益拡大基調だろう。
 
■株価は反発して上値試す
 
 株価(19年1月1日付で株式2分割)は11月19日の戻り高値1722円から反落し、地合い悪の影響で調整局面だったが、12月25日の直近安値1213円から切り返しの動きを強めている。反発して上値を試す展開が期待される。12月28日の終値は1347円、前期推定連結PERは約49倍、時価総額は約408億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)