四川能投発展(01713)は12月28日、香港メインボードに上場した。公募価格1.77香港ドルに対し、初値は3.39%高の1.83香港ドルだった。ただ、初値を高値にして1.77香港ドルまで下落した。
 
 同社は、四川省宜賓市の電力会社。水力発電を主力として、四川省の7つの郡および周辺地域に電力を供給している。宜賓市における電力供給人口は約320万人で、市の総人口の57.3%を占めている(2017年末現在)。
 
 2017年の売上高は18.53億人民元(前年比9.55%増)、税前利益は1.44億人民元(同5.49%増)。2018年6月期(6カ月間)の売上高は9.71億人民元(前年同期比16.05%増)、税前利益は1.10億人民元(同47.01%増)。(イメージ写真提供:123RF)