Kudan <4425> (東マ)は、12月19日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社グループは、機械(コンピュータやロボット)の「眼」に相当するAP(人工知覚) アルゴリズムの研究開発及びライセンス提供を行っている。同社グループはAP(人工知覚)の基幹技術の一つであるSLAMを独自開発し、ソフトウェアライセンスを様々な先端技術企業へ提供しており、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)領域、ロボティクス、IoT(Internet of Things)領域及び自動車や地図向け領域の3つの領域において顧客開拓をしている。
 
 テクノロジー産業において、ボラティリティの低い深層の基礎技術、SLAM等のAP技術アルゴリズム(フレームワーク)提供に注力しながら、有力企業との提携による需要喚起を行い、業界横断的な技術知見を蓄積していることから、競争優位性を持っている。
 
 また、先端技術領域で有効な複数のビジネスモデルを組み合わせた独自のハイブリッドモデルで、収益性、安定性、競争力を高次元で並立し、市場成長をリードする見込み。
 
 今2019年3月期第2四半期業績実績は、売上高3億2100万円、営業利益2億0600万円、経常利益2億0300万円、純利益1億9600万円に着地。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高3億6300万円(前期比77.6%増)、営業損益1億0400万円の黒字(同300万円の赤字)、経常利益1億円(同400万円)、純利益1億円(同300万円)を見込む。上場で調達した資金は研究開発に充て、年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、上場2日目の20日に公開価格3720円の3.76倍相当の1万4000円で初値をつけ、同高値1万5400円と買い進まれた後、同21日安値1万1100円と下げてモミ合っている。AP(人工知覚)は、多様な将来技術を下支えするもので、有力企業との提携で需要を喚起していることが注目されるうえ、幅広い分野で技術応用の拡大によって成長が見込まれることから、市場から高い評価を得ている。目先の換金売りを吸収出来れば、十分上値を試しそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)