カナモト <9678> は建設機械レンタルの大手である。北海道を地盤として全国展開と業容拡大を推進し、長期ビジョンで海外展開を成長エンジンと位置付けている。19年10月期も需要が高水準に推移して増収増益・4期連続増配予想である。株価は地合い悪も影響して急落したが売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。
 
■建設機械レンタル大手、成長エンジンとして海外展開を強化
 
 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品販売、IT機器・イベント関連レンタル、福祉用具レンタルなども展開している。M&Aも積極活用し、北海道を地盤として全国展開と業容拡大を加速している。18年10月期の売上高構成比は建設関連事業89.5%、その他事業(鉄鋼関連事業、情報通信関連事業、福祉関連事業など)10.5%だった。
 
 18年2月には子会社ニシケンが、フジモトHDから福祉サービスのビップケアウエル安心の株式を譲り受けた。福祉用具レンタル事業で関東に進出する。18年8月には建機レンタルのサンワ機械リース(北海道釧路市)の全株式を取得(非連結子会社化)した。18年8月四日市営業所(三重県)を開設し、全国営業拠点数は195拠点、グループ合計491拠点となった。
 
 55期の19年を見据えたグループの目指す姿を長期ビジョン「BULL55」として示し、海外展開強化を今後の成長エンジンと位置付けている。なお中国事業を再構築するため、連結子会社である上海金和源建設工程有限公司の全出資持分を18年10月譲渡した。
 
 収益面では公共工事の影響を受けやすく、建設関連のため売上高が第4四半期(8~10月)から第1四半期(11月~1月)にかけてピークとなり、第2四半期(2~4月)および第3四半期(5~7月)は減少する季節特性がある。
 
■18年10月期増収増益、19年10月期増収増益・4期連続増配予想
 
 18年10月期の連結業績は、売上高が17年10月期比6.2%増の1681億88百万円、営業利益が5.6%増の175億99百万円、経常利益が4.3%増の179億25百万円、純利益が10.4%増の118億57百万円だった。需要が堅調に推移して計画を上回る増収増益だった。配当は10円増配の年間60円(第2四半期末20円、期末40円)とした。3期連続増配で配当性向は17.9%となる。
 
 建設関連事業は5.7%増収で6.1%営業増益だった。東京五輪関連の交通インフラ整備や大規模再開発工事など、全体として需要が堅調に推移した。その他事業は10.2%増収だが1.2%営業減益だった。鉄鋼関連の工事売上の減少や福祉関連の関東エリア進出に伴う費用増加で減益だった。
 
 19年10月期連結業績予想は、売上高が18年10月期比4.5%増の1757億円、営業利益が4.5%増の184億円、経常利益が4.3%増の187億円、純利益が1.2%増の120億円としている。需要が堅調に推移して増収増益予想である。配当は5円増配の年間65円(第2四半期末25円、期末40円)としている。4期連続増配で予想配当性向は21.0%となる。
 
■株価は売られ過ぎ感
 
 株価は公募増資を嫌気して11月12日の戻り高値4135円から急反落し、地合い悪も影響して12月21日には年初来安値2841円まで下押した。ただし売られ過ぎ感を強めている。反発を期待したい。12月21日の終値は2847円、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS309円37銭で算出)は約9倍、今期予想配当利回り(会社予想の年間65円で算出)は約2.3%、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2707円49銭で算出)は約1.1倍、時価総額は約1103億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)