テクノスデータサイエンス・エンジニアリング <7046> (東マ)は、12月18日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「新しい価値を創造し、変化をもたらす次世代のチャレンジャー」という経営ビジョンのもと、データサイエンスで、ビジョン策定、データ分析・最適化、AIを活用した運用しくみづくり、分析活用基盤の構築など、データ分析・活用を軸に顧客のニーズや課題にあったサービスを提供している。
 
 具体的には、データ経営コンサルティング・解析支援、データ活用人材教育・組織組成支援、デジタル戦略システム構築サービスなどを行う「ビックデータ・AIソリューションサービス」と同社独自AI製品「scorobo」シリーズや他社AI製品などの販売による「AI製品等によるロイヤリティサービス」の提供を行っている。
 
 今2019年3月期第2四半期業績実績は、売上高6億4400万円、営業利益7800万円、経常利益1億0100万円、純利益6400万円に着地。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高13億5100万円(前期比32.6%増)、営業利益1億5100万円(同2.6倍)、経常利益1億6000万円(同55.8%増)、純利益1億0500万円(同40.2%増)を見込む。上場で調達した資金はシステム開発や、コンサルティング業務の社員研修などに充てる。年間配当予想は、未定(同期末一括5円)している。なお、本年11月6日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っている。
 
 株価は、上場初日18日に公開価格3200円を98.4%上回る6350円で初値をつけ、同日安値5630円と下げて、19日に7680円ストップ高と買われている。AI関連で今期営業大幅増益の好業績が見込まれており、高人気となっている。テーマに乗っており、短期的にも年末ラリーの候補として上値追い姿勢を強める可能性大だろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)