ドル円は欧州市場で112円25銭前後まで売られたが、NY市場ではやや反発し112円63銭まで上昇。FOMCを前に動きは限定的となり長期金利の低下に上値がやや重い展開。ユーロドルも小動き。1.1350を底値に40ポイント程度の値動きに。

 2日で1000ドルを超える下げを記録したダウは反発。一時は300ドルを超える上昇を見せたが、82ドル高で取引を終える。債券相場は続伸。長期金利は8月以来となる2.81%台まで低下。金は小幅に続伸。原油価格は景気への懸念や原油供給の増加を受け大幅に下落。前日比3ドル64セント下げ、一気に46ドル台に。 11月住宅着工件数 → 125.6万件 1・・・・

続きを読む