急成長中の地場大手格安航空会社(LCC)ベトジェットエア[VJC](Vietjet Air)は14日、関西国際空港~ホーチミン市タンソンニャット国際空港間の直行便を新規就航した。

  運航初日のホーチミン発の便では、機内でコスプレのパフォーマンスが行われ、日本~ベトナム間の新路線の就航をPRした。

  VJCは、大阪~ホーチミン線に先立って11月8日に大阪~ハノイ線を就航した。2019年1月11日には成田~ハノイ線を新たに就航し、日本~ベトナム間の直行便を3路線とする。

  大阪~ホーチミン線はデイリー運航で、飛行時間は5時間強。出発時刻はいずれも現地時間で、ホーチミン発便が1時40分(8時30分大阪着)、大阪発便が9時30分(13時30分ホーチミン着)となる。

  VJCと日本航空株式会社(JAL、東京都品川区)は、10月28日よりVJCが運航するベトナム国内線の一部の路線と日本~ベトナム間の路線でコードシェアを開始しており、今回の大阪~ホーチミン線もコードシェアの一環となっている。(情報提供:VERAC)