オーウエル <7670> (東2)は、12月13日に東京証券取引所市場第二部に上場した。同社は、1943年の会社設立以来、塗料分野を中心に顧客の生産に必要な商品やサービスを提供、産業用塗料で常に販売高トップの実績を上げている。
 
 現在では、塗料・塗膜形成技術、生産財(化成品・物資)、工事、グローバル、LED照明、機能性光学製品、エレクトロニクスの7つの基幹事業となっている。同社、連結子会社16社及び持分法適用関連会社4社の計21社で構成され、塗料関連事業、電気・電子部品事業の2つの事業に関連する2つの事業に関する商品の販売を行っている。
 
 今2019年3月期第2四半期業績実績は、売上高314億4200万円、営業利益6億2900万円、経常利益7億2600万円、純利益5億0100万円に着地。塗料関連事業では、主たる顧客の自動車メーカーの生産減があったものの、大型塗装設備の受注や、自動車関連以外の主要顧客の生産は増加。電気・電子部品事業では、同社子会社のユニー電子(株)の車載向けモジュール、カーナビゲーション向けソフト販売ビジネスが好調に推移した。
 
 今19年3月期業績予想は、売上高670億円(前期比5.1%増)、営業利益13億5000万円(同12.5%増)、経常利益14億8000万円(同10.7%増)、純利益10億円(同21.5%増)を見込む。上場で調達した資金は海外拠点での設備投資や、システム開発に充てる計画。年間配当予想は、期末一括20円(同8円増)の増配を予定している。
 
 株価は、上場初日13日に公開価格750円を14%上回る855円で初値をつけ、同日高値は879円、安値は766円、この日の引けは776円。14日にはストップ高の926円と買われる場面も見られている。大株主は、安定株主と見られ、配当性向は20%を実現し、将来は30%を目指すと伝わっており、売り圧力が少なく、押し目買いが入り上値を伸ばす展開となっている。産業用塗料で常に販売高トップの実績を誇り、今期予想PER8倍台・PBR0.53倍と割安感はある。配当利回り2.5%の800円どころは下値買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)