アルー <7043> (東マ)は、12月11日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「夢が溢れる世界のために、人のあらゆる可能性を切り拓きます- all the possibilities -」というMissonのもと、研修の提供にとどまらず「育成の成果」にこだわった、人材育成データ・機械学習技術等を活用した、社会人向け教育サービスの提供をしている。
 
 法人及び個人の顧客属性別、国内集合研修の「教室型研修」、現地滞在型研修の「海外派遣研修」、海外現地法人向けの「海外教室型研修」及び英会話モバイルマンツーマントレーニング法人向け「ALUGO(アルーゴ)」並びに個人向け「ALUGO(アルーゴ)」のサービスを提供している。
 
 今2018年12月期第3四半期業績実績は、売上高16億5600万円、営業利益1億7600万円、経常利益1億6300万円、純利益9400万円に着地。
 
 今18年12月期業績予想は、売上高22億5100万円(前期比17.7%増)、営業利益1億8000万円(同27.0%増)、経常利益1億5000万円(同16.5%増)、純利益9000万円(同18.8%増)を見込む。上場で調達した資金は営業担当者などの採用、個人向け「アルーゴ」の広告宣伝やシステム開発などに充当し、年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、上場初日11日に公開価格1370円を46.7%上回る2010円で初値をつけ、同日高値2235円と上昇。安値1670円。この日の引けは1705円。1700円どころを下値にモミ合っている。自社教材のため柔軟に顧客最適化のカスタマイズを可能にしていることが強みとなっており、業種を問わず大手企業から安定的に受注、高いリピート率に支えられ、安定成長が見込まれている。来19年12月期業績予想が明らかになるまで積極的に上値を追い難いが、下押す場面は買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)