無錫薬明康徳(02359)が12月13日、香港証券取引所メインボードに上場した。公募価格68香港ドルに対し、初値は67香港ドルだった。初値が高値となって、その後、65香港ドル以下に下落している。

 同社は、医薬品の新薬開発や研究開発、製造を一貫して請け負う世界的なテクノロジープラットフォーム企業大手。売上高ベースでは2017年にアジアでトップ。上海、蘇州、天津、武漢、常州の他、フィラデルフィア、サンパウロ、アトランタ、サンディエゴ、ミュンヘンなどグローバルに26の拠点があり、世界30カ国3000人以上の共同研究者をネットワークしている。

 2017年の売上高は77.65億人民元(前年比27%増)、税前利益は15.93億人民元(同15.23%増)。2018年6月期(6カ月間)の売上高は44.09億人民元(前年同期比20.29%増)、税前利益14.25億人民元(同48.26%増)。(イメージ写真提供:123RF)