東京市場のドル/円は、米中貿易協議進展への期待などで日経平均株価が大幅反発となる中、円売り主導で113.50円台に上昇。ただ、ドルも対豪ドルなどで弱含んだため伸び悩んでいます。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。


12/12(水)
17:00 南ア11月消費者物価指数
17:15 デコス・スペイン中銀総裁、講演
17:30 スウェーデン11月消費者物価指数
19:00 ユーロ圏10月鉱工業生産
20:00 南ア10月小売売上高
22:30 カナダ7-9月期設備稼働率
22:30☆米11月消費者物価指数
24:30 EIA週間原油在庫統計
27:00☆米10年債入札(240億ドル)
28:00 米11月財政収支

※☆は特に注目の材料

 最近の動きから考えるとドル/円にはあまり大きな影響はないのかもしれませんが、もしかすると英国でメイ首相(保守党党首)の不信任投票の実施が決まるかもしれません。引き続き、英国の政局動向には注意が必要です。ドル/円直撃系の材料では、米11月消費者物価指数に注目です。昨日の11月生産者物価指数は食品・エネルギーを除いたコア指数の上ブレが印象的でした。なお、米11月消費者物価指数の予想は、前月比0.0%、前年比+2.2%、コア前年比+2.2%となっています。(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.800-113.900円)(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)