本日、英議会で行われる予定だった欧州連合(EU)離脱=Brexit協定案の採決は、大差での否決が濃厚となったため、メイ首相が延期を決めた。この協定案は、英国が将来にわたりEUのルールに縛られる可能性を残す内容のため、強硬離脱派を中心に英議会内の反発が強い。協定案への議会承認がないまま来年3月29日のBrexitを迎えると、経済面の激変緩和に備えるための移行期間もないままの「無秩序離脱」が現実味を帯びる事にな・・・・

続きを読む