香港証券取引所に12月6日に新規上場した3銘柄は、3銘柄ともに上場当日の終値が公募価格割れになった。6日は、中国の通信機器メーカー首位のファーウェイ(華為技術)の孟晩舟・副董事長兼CFO(最高財務責任者)がカナダで逮捕されていたことが伝わり、米中関係の悪化を懸念して市場が大幅安となった。香港ハンセン指数は前日比2.47%安。上海総合指数は1.68%安になっている。

 新規上場のヤン煤澳大・・・・

続きを読む