地場系コングロマリット(複合企業)のビングループ[VIC](Vingroup)子会社の ビンスマート(VinSmart)は14日、ホーチミン市内の国内最高層ビル「ランドマーク81(Landmark 81)」で、自社開発した「Vスマート(Vsmart)」ブランドのスマートフォン4機種を発表する。

  ビンスマートは7月、スペインの携帯電話メーカーBQとの間で、戦略的パートナーシップ契約を締結した。契約によると、ビンスマートはBQからスマートフォンに関する知的所有権を購入し、研究開発から設計、生産に至るまでの電子製品製造バリューチェーンにおいてBQの強みを活かす。

  このスマートフォンはVIC傘下の自動車メーカーであるビンファスト(VinFast)の自動車生産コンプレックス内にある「Vスマート」スマート電子製品生産工場で生産される。ビンスマートは今後、自社工場でスマートホーム(SmartHome)やスマートテレビ (Smart TV)などを生産する見通しだ。(情報提供:VERAC)