ラクスル <4384> (東マ)は、印刷ECサービスを提供する印刷事業、および荷主と運送会社を繋ぐ運送事業を展開している。19年7月期は利益予想を非開示としているが、売上高と売上総利益で30%以上の成長を目指している。第1四半期は順調のようだ。収益拡大が期待される。株価は調整一巡して戻り高値圏だ。9月高値を試す展開が期待される。

  ■印刷事業と運送事業を展開

 

 18年5月東証マザーズに新規上場した。印刷シェアリングプラットフォーム「ラクスル」で印刷ECサービスを提供する印刷事業、および物流シェアリングプラットフォーム「ハコベル」で荷主と・・・・

続きを読む