翌日に「米中首脳会談」を控え、ドル円は動きにくい展開に。株価の動きに伴い113円73銭前後まで上昇したものの、米長期金利が低下したことで113円41銭まで売られ、この水準で越週する。ユーロドルは水準を下げ、1.1306まで下落したが、その後1.13台半ばまで戻す。

 株式市場は反発。「米中首脳会談」の結果については見方が分かれたものの、買い物が優勢となり、ダウは199ドル上昇。債券相場は・・・・

続きを読む