スペースバリューホールディングス <1448> は、日成ビルド工業の完全親会社(持株会社)として設立し、18年10月上場した。建築事業、立体駐車場事業などを展開している。19年3月期第2四半期累計は増収増益と順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。株価は10月安値圏から下値を切り上げている。出直りを期待したい。
 
■日成ビルド工業の持株会社で建築事業や立体駐車事業を展開
 
 日成ビルド工業の完全親会社(持株会社)として設立し、18年10月東証1部に上場した。建築事業、立体駐車場事業などを展開している。18年10月にはホテル開発・運営管理の子会社スペースバリューホテルディベロップメントを設立した。
 
■新中期計画で22年3月期経常利益76億円目標
 
 19年3月期連結業績予想は売上高が850億円、営業利益が54億50百万円、経常利益が56億円、純利益が37億円としている。日成ビルド工業の公表数値と同じである。
 
 なお日成ビルド工業の第2四半期累計は、売上高が前年同期比2.0%増の351億39百万円、営業利益が3.2%増の14億55百万円、経常利益が6.6%増の15億79百万円、純利益が18.5%増の10億25百万円と概ね順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
 新中期経営計画の目標値には、22年3月期売上高1000億円、営業利益75億円、経常利益76億円、純利益50億円、ROE18%、配当性向35%を掲げている。建設需要変動の影響を最小化するため、ストックの拡大・活用および不動産開発ビジネスを推進する。
 
■株価は下値切り上げ
 
 株価は10月30日の安値982円から徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。11月30日の終値は1046円、今期予想連結PERは約10倍、時価総額は約372億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)