生活用品の企画・製造・販売を手掛けるアイリスオーヤマ株式会社(宮城県仙台市)は、東南アジアの購買・調達機能を強化するため、ベトナム現地法人「アイリスオーヤマ・ベトナム(Iris Ohyama Vietnam)」をホーチミン市1区に設立し、11月15日より業務を開始した。

  現在、中国では人件費の高騰によりサプライヤーからの仕入れ価格が上昇している。また、中国国内の環境汚染とそれに伴う環境関連の法規制の整備と厳格化により、生産拠点をベトナム中心とした東南アジアに移管するサプライヤーが増えている。

  こうした中、アイリスオーヤマは、東南アジアにおける現地調達の強化と海外市場での一層の事業拡大を目的として、ベトナムに購買・調達機能を有する現地法人を新設した。現地法人では、組立家具、インテリア用品、原材料、製品部品、金型などを調達する。(情報提供:VERAC)