東京市場のドル/円は週末に米中首脳会談を控えた様子見ムードから全般的に動意薄となり、113.40円を挟んでもみ合う展開となっています。欧米市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

11/30(金)
16:45 仏11月消費者物価指数・速報値
17:00 スイス11月KOF景気先行指数
19:00 ユーロ圏10月失業率
19:00☆ユーロ圏11月消費者物価指数(HICP)・速報値
19:00 メルシュECB専務理事、講演
21:00 南ア10月貿易収支
21:45 クーレECB理事、講演
22:30 カナダ9月GDP
22:30☆カナダ7-9月期GDP
22:30 カナダ10月鉱工業製品価格
23:00☆ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁、講演
23:45 米11月シカゴ購買部協会景気指数
----- G20首脳会議(ブエノスアイレス、12月1日まで)

12/1(土)
-----☆米中首脳会談
※☆は特に注目の材料

 米連邦準備制度理事会(FRB)の正副議長の見解や、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録など、足元の為替市場は米金融政策に絡む材料に反応するケースが増えています。今夜は、FOMC副委員長を務めるウィリアムズNY連銀総裁の発言が気になるところです。

 とはいえ、市場の関心は週末の米中首脳会談に向けられている事でしょう。月末最終日のフィキシングタイム(25時のロンドンフィキシングなど)を過ぎると様子見ムードが広がりやすくなりそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.000-113.800円)

(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)