昨日のドル/円は、114.00円台に乗せて2週間ぶり高値を付ける場面もあったが、114円台の滞空時間は30分未満にとどまり、その後は一転して113.40円台へと下落した。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が、政策金利は中立レンジを「わずかに下回る」水準にある、との認識を示した事を受けて米金利の先高感が後退。

 議長は、10月の講演で中立金利(景気を冷ましもふかしもしない金利水準)につ・・・・

続きを読む