ギフト <9279> (東マ)は18年10月東証マザーズに新規上場した。横浜家系ラーメンを主力にラーメン店を展開している。18年10月期は新規出店効果などで2桁増収増益予想である。19年10月期も収益拡大を期待したい。株価は安値圏だがIPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■横浜家系ラーメンを主力にラーメン店を展開
 
 18年10月東証マザーズに新規上場した。横浜家系ラーメンを主力にラーメン店を展開している。18年7月末時点の店舗数は、関東中心に国内408店舗(直営店54店舗、業務委託店6店舗、プロデュース店348店舗)である。
 
 横浜家系ラーメンを中心に、九州釜焚きとんこつラーメン、がっつり系ラーメンなど、ラーメン業態の拡張を図り、中期的に国内1000店舗を目指している。11月15日には横浜家系ラーメン「せい家」を展開するトップアンドフレーバーを子会社化すると発表した。
 
■18年10月期2桁増収増益予想、19年10月期も収益拡大期待
 
 18年10月期連結業績予想は、売上高が17年10月期比23.5%増の69億29百万円、営業利益が12.2%増の7億03百万円、経常利益が11.0%増の7億07百万円、純利益が98.2%増の4億34百万円としている。新規出店効果などで2桁増収増益予想である。
 
 直営店売上速報によると18年10月は全店146.1%、既存店102.9%、17年11月~18年10月累計は全店136.4%、既存店102.4%と好調だった。19年10月期も収益拡大を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価は安値圏だが下値を徐々に切り上げている。IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。11月26日の終値は2845円、前期推定連結PERは約27倍、時価総額は約137億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)