リーガル不動産 <3497> (東マ)は、10月23日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は不動産の地域、用途、規模に関わらず、豊富な法律知識を活かし、土地の有効活用にお悩みの地主、相続税にお困りの方、資金回収を図りたい金融機関様やサービサー、固定資産を購入・売却したい一般企業、田畑を宅地として売却したい農家の方など、顧客の幅広いニーズに合わせて、総合不動産開発企業として、コンサルティングから開発まで、あらゆる分野でソリューションを提供している。
 
 不動産ソリューション事業では、どんな土地でも活用法を提案。用地取得からマンション・オフィスなどの開発まで手がけている。
 
 不動産賃貸事業では、オーナーとしてのノウハウを、コンサルティング・開発事業に活かしている。
 
 不動産コンサルティング事業では、法的側面から生じる案件などについて、調査・価格査定から仲介や買い取りまでトータルにサポートしている。
 
 ファシリティマネジメント事業では、原状回復工事の実績が多数あり、デザイン、快適性にこだわりがある。
 
 介護事業では、住宅型有料老人ホームを運営。「自由で・豊かに・楽しい生活」を基本に上質なサービスを提供している。
 
 前18年7月期業績実績は、売上高192億6300万円(前の期比29.7%増)、営業利益18億8500万円(同35.4%増)、経常利益8億6100万円(同22.3%増)、純利益5億8400万円(同22.8%増)に着地。
 
 今19年7月期業績予想は、売上高252億5300万円(前期比31.0%増)、営業利益21億0300万円(同11.5%増)、経常利益9億4300万円(同9.5%増)、純利益6億5500万円(同12.2%増)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。
 
 株価は、10月24日につけた上場来高値1991円から11月20日につけた上場来安値1191円まで調整を挟んで上昇している。創業当初より、任意売却物件を数多く扱ってきた経験から、弁護士200名以上とのネットワークが強みで、不動産の様々なニーズに、正確かつスピーデイに対応する姿勢は、金融機関などからも、高く評価されており、注目度は高い。今期予想PER5倍台と割安感があり、公開価格1380円を割り込んでおり、値ごろ感はある。12月14日に予定される第1四半期決算が順調に推移していれば、年末高が期待されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)