東京応化工業 <4186> は半導体用フォトレジストの大手である。18年12月期増収増益予想で、第3四半期累計は順調だった。株価は10月の年初来安値から急反発して戻り歩調だ。出直りを期待したい。
 
■半導体用フォトレジストの大手
 
 半導体製造工程で使用されるフォトレジスト(感光性樹脂)の大手である。液晶用フォトレジスト、高純度化学品、および装置事業も展開している。
 
■18年12月期増収増益予想で3Q累計順調
 
 18年12月期連結業績予想(8月8日に売上高を27億円減額、純利益を1億円増額修正)は、売上高が1062億円、営業利益が110億円、経常利益が114億円、純利益が76億円としている。
 
 17年12月期が9ヶ月決算のため前年同期間との比較で見ると売上高は5.8%増収、営業利益は11.4%増益、経常利益は8.2%増益、純利益は10.4%増益となる。材料事業、装置事業とも伸長して増収増益予想である。
 
 第3四半期累計は前年同一期間との比較で売上高が4.5%増の777億22百万円、営業利益が1.0%増の77億28百万円、経常利益が2.5%減の78億68百万円、純利益が1.4%減の53億99百万円だった。材料事業が4.4%増収、装置事業が10.0%増収と、いずれも伸長した。営業利益は材料事業が原料価格上昇の影響を受けて4.1%減益だったが、装置事業の赤字が大幅に縮小し、全体として増益を確保した。
 
 第3四半期累計の進捗率は売上高73.2%、営業利益70.3%と概ね順調である。通期ベースでは材料事業が小幅増益にとどまるが、装置事業の赤字縮小が寄与して2桁増益予想としている。好業績を期待したい。
 
■株価は急反発して戻り歩調
 
 株価は大幅に水準を切り下げて軟調展開だったが、10月の年初来安値2811円から急反発している。戻り歩調だ。11月22日の終値は3385円、今期予想連結PERは約19倍、時価総額は約1527億円である。週足チャートで見ると13週移動平均線を突破した。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)