ブロードバンドセキュリティ <4398> (JQ)は18年9月JASDAQに新規上場した。企業向けセキュリティサービスを展開している。19年6月期増収営業増益予想である。株価はやや乱高下の展開だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■企業向けセキュリティサービスを展開
 
 18年9月JASDAQに新規上場した。企業向けにセキュリティ監査・コンサルティングサービス、脆弱性診断サービス、情報漏えいIT対策サービスを展開している。
 
■19年6月期増収・営業増益予想
 
 19年6月期の非連結業績予想は、売上高が18年6月期比10.6%増の37億円、営業利益が2.1%増の1億85百万円、経常利益が0.4%増の1億55百万円、純利益が22.1%減の1億34百万円としている。
 
 売上高の計画は、セキュリティ監査・コンサルティングサービスが9.7%増の8億38百万円、脆弱性診断サービスが8.5%増の9億76百万円、情報漏えいIT対策サービスが12.0%増の18億84百万円としている。増収効果で人件費の増加を吸収して営業増益予想である。
 
 第1四半期は売上高が7億83百万円、営業利益が73百万円の赤字、経常利益が1億01百万円の赤字、純利益が71百万円の赤字だった。採用強化に伴う人件費の大幅増加で営業赤字だった。第2四半期以降の挽回を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価は10月5日の高値4030円から反落し、その後はやや乱高下の展開だが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。11月22日の終値は2730円、今期予想PERは約78倍、時価総額は約108億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)