ブリッジインターナショナル <7039> (東マ)は18年10月東証マザーズに新規上場した。法人営業改革を支援するインサイドセールス事業を展開している。主力はインサイドセールスアウトソーシングサービスである。18年12月期は新規顧客開拓などで増収増益予想である。第3四半期の進捗は順調だった。株価は高値からほぼ半値水準の安値圏で推移しているが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。
 
■インサイドセールス事業を展開
 
 18年10月東証マザーズに新規上場した。BtoB企業(法人を対象に商品・サービスを提供する企業)に対して、インサイドセールス(顧客には訪問せず電話やメールを活用して営業活動を行う手法)の導入によって、法人営業改革を支援するインサイドセールス事業を展開している。主力は売上高の約8割を占めるインサイドセールスアウトソーシングサービスである。
 
■18年12月期増収増益予想で3Q累計順調
 
 18年12月期の非連結業績予想は、売上高が17年12月期比4.5%増の29億10百万円、営業利益が13.2%増の3億33百万円、経常利益が3.7%増の3億08百万円、純利益が2.0%増の2億円としている。新規顧客開拓などで人件費増加などを吸収して増収増益予想である。
 
 第3四半期累計は売上高が21億68百万円、営業利益が2億59百万円で、通期予想に対する進捗率は売上高74.5%、営業利益80.8%と順調だった。通期ベースでも好業績を期待したい。
 
■株価はIPO後の落ち着きどころを探る段階
 
 株価は10月5日の高値6620円から反落し、10月30日の安値3055円まで下押した。その後も高値からほぼ半値水準の安値圏で推移しているが、IPO後の落ち着きどころを探る段階だろう。11月22日の終値は3500円、今期予想PERは約26倍、時価総額は約60億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)