世界的な株式市場の軟調推移にもかかわらず、ランド/円は8.00円前後で堅調を維持している。南ア中銀による利上げ観測がランド相場を支えているようだ。明日22日の南ア中銀理事会では、政策金利が6.75%に引上げられるとの見方が優勢だ。前回の据置き(6.50%)が4対3という僅差での決定だった事などが利上げ見通しの背景と見られる。ただ、足元のランドの対ドル相場は前回理事会の水準を上回っており、通貨防衛の観点からは・・・・

続きを読む