ビープラッツ <4381> (東マ)はサブスプリクション型ビジネス向け総合ソリューションを展開している。19年3月期第2四半期は計画未達で赤字だったが、通期は大幅増収増益予想である。下期の挽回を期待したい。株価は徐々に下値を切り上げている。出直りを期待したい。

  ■サブスプリクション型ビジネス向け総合ソリューションを展開

 

 18年4月東証マザーズに新規上場した。自社開発でクラウド型のサブスプリクション統合プラットフォーム「Bplats」を基盤として、「使った分だけ課金する」サブスプリクション型ビジネス向け総合ソリューションを展開している・・・・

続きを読む