シー・エス・ランバー <7808> (JQ)は木材プレカット加工の大手である。18年11月期は木材価格高騰などで営業微減益予想だが、配当は増配予想である。株価は10月安値で底打ちした可能性がありそうだ。
 
■木材プレカット加工の大手
 
 木材プレカット加工(プレカット事業)の大手である。木造戸建住宅の建築請負事業、および不動産賃貸事業も展開している。在来軸組工法および2×4(ツーバイフォー)工法の両方に対応していることが特徴で、首都圏1都3県を地盤として展開している。建築請負事業は年間200棟以上を施工している。
 
 18年6月には製材拠点として子会社シー・エス・マテリアルを千葉県東金市に設立し、新工場の土地建物および付帯設備等を取得した。
 
 収益特性としては新設住宅着工戸数の影響を受けやすく、季節要因としては売上高が下期偏重で特に第4四半期(9~11月)に売上高が集中する傾向がある。
 
■18年11月期営業微減益だが増配予想
 
 18年11月期の連結業績予想(5月21日に利益を下方修正)は、売上高が17年11月期比4.1%増の153億円、営業利益が1.5%減の5億90百万円、経常利益が0.9%減の5億40百万円、純利益が3.0%増の3億50百万円としている。配当予想は5円増配の年間40円(期末一括)としている。
 
 第3四半期累計は売上高が前年同期比2.5%減の102億36百万円、営業利益が48.5%減の1億67百万円、経常利益が55.4%減の1億30百万円、純利益が43.9%減の74百万円だった。プレカット事業、建設請負事業とも受注が落ち込み、売上高が伸び悩んだ。利益面では木材価格の高止まりも影響して大幅減益だった。
 
 通期では、木材価格高騰の販売価格への転嫁遅れ、人件費や減価償却費の増加で営業微減益予想としている。なお決算期を11月から5月に変更するため、次期20年5月期は6ヶ月決算となる。
 
■株価は底打ちの可能性
 
 株価は10月30日に上場来安値1141円まで下押す場面があったが、その後は切り返しの動きを強めている。17年11月IPO時の高値2772円から半値割れ水準の10月安値で底打ちした可能性がありそうだ。11月15日の終値は1305円、今期予想連結PERは約7倍、時価総額は約24億円である。出直りを期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)