SBIインシュアランスグループ <7326> は11月13日、2019年3月期第2四半期決算を発表した。経常収益は315億83百万、経常利益は6億54百万円だった。同社は今年9月に上場したばかりで、前年度は連結の中間決算を作成せず、前年同期比較がない。19年3月期通期の見通しは、経常収益が660億円(前期比6.1%増)、経常利益は17.5億円(同65.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益7.7億円(同6.3%増)とした。当日に行った決算説明会で、同社代表取締役執行役員会長兼社長の乙部辰良氏(写真)は、「第2四半期は、損保事業で平年にない風水害の影響を受け当期利益で約4億円のマイナス影響が・・・・

続きを読む