米中間選挙は、大方の予想通りに上院を与党・共和党が維持し、下院は野党・民主党が奪回した。「ねじれ議会」によってトランプ大統領の大胆な政策が実行しにくくなるとの見方などから、大勢判明後はドルが弱含む展開となったが、ドル/円は113円を割り込むと押し目買いが入り、113円台半ばに値を戻してクローズした。本日の米連邦公開市場委員会(FOMC)による政策発表を控えて、米2年債利回りが約10年ぶりに一時2.96%台に・・・・

続きを読む