リコーリース <8566> はリース・割賦事業および金融サービス事業を展開している。19年3月期第2四半期累計は増収増益と順調だった。通期も増収増益予想、そして24期連続増配予想である。株価は地合い悪化の影響を受ける場面があったが、反発して戻り歩調だ。
 
■リース・割賦事業および金融サービス事業を展開
 
 リコー <7752> 系で、事務用・情報関連機器や産業工作機械を中心とするリース・割賦事業、および集金代行や介護ファクタリングなどの手数料ビジネスである金融サービス事業を展開している。
 
 18年10月には売掛債権保証サービスの紹介に関してイー・ギャランティと業務提携した。
 
■19年3月期2Q累計増収増益、通期も増収増益・24期連続増配予想
 
 19年3月期の連結業績予想は、売上高が18年3月期比3.0%増の3135億円、営業利益が2.7%増の170億円、経常利益が1.7%増の167億円、純利益が0.8%増の114億円としている。配当予想は10円増配の年間80円としている。24期連続増配予想で、予想配当性向は21.9%となる。
 
 第2四半期累計は、売上高が前年同期比2.8%増の1554億12百万円、営業利益が2.2%増の86億43百万円、経常利益が3.9%増の87億円、純利益が3.9%増の59億88百万円だった。新規契約獲得利回りの改善、営業資産残高の順調な積み上げなどで増収増益だった。総取扱高(2020億円)、営業資産残高(実質8854億円)、売上高、売上総利益は過去最高だった。
 
 通期予想に対する第2四半期累計進捗率は売上高49.6%、営業利益50.8%と順調である。通期ベースでも好業績が期待される。
 
■株価は反発して戻り歩調
 
 株価は地合い悪化の影響を受ける場面があったが、10月25日の3320円から反発して戻り歩調だ。11月2日の終値は3660円、今期予想連結PERは約10倍、時価総額は約1144億円である。週足チャートで見ると26週移動平均線を回復した。上値を試す展開を期待したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)