VALUENEX <4422> (東マ)は、10月30日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「世界に氾濫する情報から“知”を創造していく企業」をミッションとし、同社の創業社長である中村達夫が独自に開発したアルゴリズムを基盤にしたビッグデータの解析ツールの提供とそれを用いたコンサルティング及びレポートの販売を行っている。これらを総称してアルゴリズム事業と称している。
 
 アルゴリズム事業では、ASPサービスとコンサルティングサービスを提供している。ASPサービスでは、顧客に対して、同社グループが独自に開発したビッグデータ解析ツールであるテックレーダーとドックレーダーという2つの情報解析ツールを月賦課金制により提供し、収益を得ている。コンサルティングサービスでは、テックレーダーとドックレーダーを用いて、業界の技術トレンドなどの解析を通じて顧客の必要とする知見を提供し、収益を得ている。
 
 今2019年7月期第2四半期業績予想は、売上高2億3300万円、営業損益5100万円の赤字、経常損益5100万円の赤字、最終損益5100万円の赤字を見込む。
 
 今19年7月期業績予想は、売上高6億9000万円(前期比35.9%増)、営業利益1億0700万円(同39.1%増)、経常利益1億0600万円(同38.3%増)、純利益1億2100万円(同44.7%増)を見込む。年間配当は無配を予定している。
 
 株価は、上場初日の10月30日に公開価格1840円の2.34倍相当の4300円で初値をつけた後、11月1日高値5250円と上昇している。同社のASPは、「解析精度」、「解析スピード」、「解析可能なデータ量」に強みを持ち、多様かつ専門性の高い人材を擁し、電機、輸送用機器、化学等の製造業におけるR&D企画部門・知財部門が多い傾向にあり、最近では、製造業以外(金融等)やマーケティング部門も増加傾向にある。今後は、ファイナンス、ヘルスケア、法曹界向けにも強化することから、高い成長が続く見通し。テーマにも乗っており、12月に予定される今19年7月期第1四半期決算の発表は注目される。中長期的な視点でIPO人気が続く可能性はありそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)