ベトナム国際仲裁センター(VIAC)とホーチミン市国際統合支援センター(CIIS)はこのほど、ホーチミン市で「米中貿易戦争―ベトナムに与える機会と脅威」と題したシンポジウムを開催した。

  米中貿易戦争が過熱する中、中国企業が米国による制裁措置を回避するため、ベトナム経由で迂回輸出を行うことが懸念されている。事際に多くの中国企業が「ベトナム産」を名乗るためにベトナム現地法人を設立している。

  ベトナムは、対米貿易収支が黒字を計上しているものの制裁措置を受けていない数少ない国の1つとなっている。しかし、中国企業によるベトナム経由の迂回輸出が原因で、米国がベトナムに対しても制裁措置を適用しかねないというリスクもある。

  専門家らはこれらを踏まえて、原産地証明書や税関などの手続きをさらに厳格化し、ベトナム経由の迂回輸出を阻止する必要があると主張している。

  米中貿易戦争は、ベトナムにとって対米輸出を強化するチャンスになると期待されている。恩恵を享受できる品目として、木製家具や農水産物、履物以外の皮革製品などが挙げられる。

  しかし一方で、廉価な中国産商品が米国に代わる市場としてベトナムを含むアジア各国に流入することも予想される。(情報提供:VERAC)