ポンド/ドル相場は本日の東京市場で1.2850ドル台まで上昇。30日に付けた約2カ月半ぶり安値の1.2690ドル台から持ち直している。反発の背景は、英国の欧州連合(EU)離脱=Brexitを巡る協議で「英とEUが金融サービス分野で暫定合意」と報じられた事だ。ただ、協議の本丸はアイルランドの国境問題であり、この点について進展がない限りは「合意なき離脱」のリスクがくすぶり続ける事になる。今朝のポンドの反発につい・・・・

続きを読む