プロレド・パートナーズ <7034> (東マ)は、7月27日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、プロレドは、成果報酬を主体とした国内唯一の経営コンサルティングファームで、コンサルティングファーム出身者×各分野の専門家で構成され、各サービスにおける高い専門性とコンサルティング・ノウハウを組合せ、品質や経験を高め、通常のコンサルティングより大きな成果を実現している。
 
 同社は、営業パートナーの拡充とリレーション強化、営業人員の増員などにより、契約締結を進めているほか、コンサルティングにおいては、BPOからBPRまで、幅広いコストマネジメントを継続して推進しつつ、各業務の標準化とRPA・OCR・AI等のスステム化を進めることで、効率的かつ効果的なサービスを提供できるように事業活動を進めている。
 
 2018年10月期第3四半期業績実績は、売上高14億1300万円、営業利益6億6200万円、経常利益6億4000万円、純利益4億4200万円に着地。
 
 10月19日大引け後に18年10月期業績予想の上方修正を発表。売上高が従来予想の14億3200万円(前期比41.4%増)から16億5000万円(同62.9%増)、営業利益が同5億6000万円(同2.0倍)から6億0300万円(同2.2倍)、経常利益が同5億6000万円(同2.0倍)から5億7900万円(同2.1倍)、純利益が同3億5200万円(同77.8%増)から3億6400万円(同83.8%増)と増益幅を拡げる見通し。年間配当は、無配を予定している。顧客紹介とインバウンドによる案件数の増加と、コストマネジメントの削減率の向上が寄与している。
 
 株価は、8月21日につけた上場来安値6190円から10月1日に上場来高値15460円と上昇した後、10月30日安値6520円と調整している。18年10月期業績予想を上方修正し、足元の業績は好調で成長が続く見通し。19年10月期続伸が観測されており、12月17日に予定される10月期本決算の発表に期待が持てる。7000円割れが下値として意識された感があり、ここから徐々に上値を試すか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)