ドル円は小幅に続伸し、113円38銭前後まで上昇したものの、その後反落。112円81銭まで下落したが、ポジション調整と、113円台ではドル売り意欲も旺盛だったとの見方。ユーロドルは続落し、一時は1.1302まで売られる。イタリアの財政問題とドイツの政治的リスクが重石となり、8月15日以来となるユーロ安を記録。

 株式市場は大幅に続伸。ADP雇用者数が予想を上回ったことや第3四半期の雇用コ・・・・

続きを読む